- 当院は女性専用のはり灸指圧治療院です -

 ひとには本来、外からの刺激に対して反応したり、体の内部の状態を一定に保つ機能が備わっています。
それは、ホメオスタシスと呼ばれます。鍼灸指圧治療は、ホメオスタシスを賦活させ、ご自身で治ろうとする力(自然治癒力)を高めます。
体調不良になったり、慢性的な苦痛・不調をこじらせたりする前にお身体の声に耳を傾け、その変化に適切な対処ができることは健やかな毎日に続きます。
ご自身の治ろうとする力が最大限に発揮され、貴女が毎日の生活を「ちょうどいい」体調で過ごせるよう当院が鍼、灸、指圧マッサージでお手伝い致します。

 

- 安心で痛くない鍼 -

 鍼の種類は様々あります。当院で使用している鍼は、基本は髪の毛ほどの太さ(0.16~0.18mm)の鍼を使用しています。
その他の鍼はお身体の状況や治療部位によって太さを変えて治療しています。
使い捨てのため、同じ患者さんであっても次回に同じ鍼をしようすることはありませんし、鍼を刺すところは消毒いたしますので衛生的にも安心です。

 痛みに関してですが、鍼が肌に入る瞬間に「チクッ」とすることがございます。これを「切皮痛(せっぴつう)」といいます。
この切皮痛は治療に必要のない感覚ですので極力起こらないように施術しています。
また、「ひびき」といって鍼をさすことによって重だるいような感覚をおぼえることがあります。「気持ち良い」とおっしゃる方もいれば、「やっぱり苦手」という方もいらっしゃいます。痛みとはまた違うこの感覚が、治療上どうしても必要なこともございますが、苦手だなと思ったときは遠慮なくお申し出ください。

 

- 心地の良いお灸 -

 お灸は、その時の症状によって使い分けます。もぐさを直接肌の上にすえたり、シールをツボの上に貼りその上にもぐさをすえることで火傷の痕が残らないよう工夫することもあります。また、直接肌にもぐさをすえないお灸も使用します(写真左側のビンの中に入っている『せんねん灸』です)。
もぐさの大きさは、糸のように細くひねったり、お米粒と同じくらいの大きさにしたりと症状によって使い分けます。
 はこ灸(写真奥)は、箱の中に入れたザルの中でもぐさを燃やすことで、もぐさが直接肌にふれず、なおかつ広範囲にあたためることができる方法です。冷えが強い方におすすめです。

 

ー お着替えについて ー
はり灸治療を受ける際は、お腹や背中、腕や手、足などに直接手で触れて鍼やお灸を行いますので、それらの部位が出しやすいお洋服だとリラックスして治療をお受け頂けます(ストッキング等は脱いで頂いております)。
お着替えのご用意もございます(要予約・有料)。

 

 当院は、予約制の女性専用の治療院です。お気軽にご連絡ください。 営業時間、電話番号などはこちら。